松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2表(2オ)

画像を拡大する
鼻唄て万歳戻る夕長閑  馬隠
 しまり過たり菅笠の紐  陸馬
瀧壺へ照射の松明の燃しさり 白日
 孝の恵の無事に年明 貫環
みかゝねはかほと性よき覚ても 貫齢
 もてあましたる社家の乗領  簀十
鶴鷹も一番鑓のその勢ひ  梅足

 冬の牡丹の旭かけろふ  立葵
気もとかし豆腐の数も南禅寺  呉潭
 もつとも美男堕落した僧  馬隠
歌添て不断桜を文の中  立葵
 春雨の古市に居続  莫牙
朧月くらく寝起の眼をこすり  陸馬
 安産しらせ息あらき馬 白日

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・馬隠・陸馬・貫環・貫齢・簀十・梅足・立葵・呉潭・莫牙