松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3表(3オ)

画像を拡大する
薄雲と一座金茶の冥加 白日
 ころし仕立の鯛の包丁  梅足
二度めにはすつはり袷郭公  花足
 財布はたいて木屋町を立  呉潭
灯も水も四条の冬かれて  簀十
 小春長閑に室咲の梅  莫牙
産籠は十日立ぬに飾もの  梅足

 器量のよいが瑾に成乳母  馬隠
破損した猪牙に女房の夕涼  梨東
 八百八町玉川の上  花足
退羽打鷹に嵐の枝桜 白日
 たしかに雛荷続く三車  簀十
月影のいたく陽炎潦
 子共の逃る布袋市右衛門  呉潭

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・梅足・花足・呉潭・簀十・莫牙・馬隠・梨東