松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3裏(3ウ)

画像を拡大する
雪頻傘の明き手に鰒提て  莫牙
 鴛の来て咲く枯芦の中 環齢
かこはれの積に廓の合薬  梅足
 女の心憎き唐様 貫環
あした剃る児も散行く罌粟花  馬隠
 狸折節大寺の庫裏  立葵
打留た鷲にからかふ寸の人  花足

 霧の中から水をくむ木曽  梨東
うそ寒し月の残らぬ朝の程  陸馬
 新弓張のハまた怖き秋 環齢
進るも禁酒させるも母の慈悲 貫環
 土手と箕輪は大手搦手 白日
心中の惜しや二十チの花盛  陸馬
 馬骨に咲て菫色濃き  簀十

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・莫牙・環齢・梅足・貫環・馬隠・立葵・花足・梨東・陸馬・簀十