松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2裏(2ウ)

画像を拡大する
宿引の笠も粗(まばらの誤記か)に秋の蠅  梨東
 牛の子を見に廻る半道  簀十
約束の入間言葉の門違ひ  呉潭
 人数か聴て薬ほと鰒  莫牙
宵(誤字か)待の鷹に時雨をやり過し 白日
 九十の年賀ありし関白  陸馬
薫の火加減とても心利  梨東

 また新尼の爪に糸みち  梅足
有明の残て余らん雲とては
 渋さうもないむつの鮎  莫牙
鶉聞礼に庵の窓張て  梨東
 茶の湯初てからの息才  梅足
花盛暦のことく遅束なし
 軽/\そよ/\実春の風

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・梅足・簀十・呉潭・陸馬・莫牙・梨東