松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2表(2オ)

画像を拡大する
雉子鳴て地に渦巻く浪の音  簀十
 身投たすけた跡の人たち  梅足
荷は殻に夏桃売の高噺  陸馬
 かんてらの燈に栄る撫子 貫環
蜘の囲を羽織の裾に三輪の神  花足
 娘かすねて髪をいやかる  立葵
後むき合ふて箍掛鍋いかけ  梅足

 枝垂桜を笠に着る寮  簀十
朝鷹の落くさあたら麦踏て 白日
 陶提げて親の治聾酒  立葵
縄摩家のしつかな八庄司  陸馬
 扉洩灯の棹に笈仏 貫環
漕下す舟に連たつ宵の月
 降らぬやうても露は降るもの

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・簀十・梅足・陸馬・貫環・花足・立葵