松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2裏(2ウ)

画像を拡大する
むくつけく紅葉に衛士の大胡座 白日
 親王様もおれも人間  陸馬
玄関の隅に木馬の足の跡  梅足
 枕返しの儘に寝る所化  立葵
いつか咲く枇杷に紙燭の火か移 白日
 食気に触る安産の伽 貫環
かねをする耳にうるさききよう/\し  立葵

 なきより力ふたり住む尼  梅足
傾城の罪つくりたる名の懺悔  簀十
 角力の隠し妻か裏店 貫環
内談を仕廻と月の七つ迄  フ
 菊を見るうち茹新蕎麦  花足
春ならぬ春花ぬりの器物  フ
 ぬれた所か直に陽炎  フ

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・簀十・梅足・陸馬・貫環・花足・立葵