松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

表(オ)

画像を拡大する

文化二年乙丑小春三日
俳諧之連歌

草の花見にまかりて


百とせも其手の中や作り菊
 露の恵みの深き山住
月の洩窓に草紙を繰捨て
 音おもしろく釜たきる也
隠者の名は二郎とも又太郎とも
 一吹とつと落葉是ほと
はし/\は少し氷て浅流れ
 最う七ツ過鐘か聞ゆる

関連データ