松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

裏(ウ)

画像を拡大する
廓には似ぬ大門の〆くゝり  梅足
 酔ても女たけのたしなみ  陸馬
宵越の物に香芬とほとゝきす 白日
 一ゆりゆつて岸に着く船  菊武
気違の機嫌のよいもあはれ也  馬隠
 孝子に声の低き御白洲  花足
閏年師走る中に梅さかり 貫環

 寺の施薬に銭を取る橋  梅足
荒鷹を据て思はす名所迄 白日
 黄昏なから月影もなし
覚悟せし高尾か権のすさましき 貫環
 情の道もしつた船頭  陸馬
杉黒き中より出て花の雲
 彼岸の過て誠春也

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・梅足・陸馬・菊武・馬隠・花足・貫環