松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2表(2オ)

画像を拡大する
揚雲雀道陸神のから  馬隠
 馬乗捨て瓢箪の酒 貫環
呵たひ事も師匠は見た斗  陸馬
 一枚傘に折て採蓮 白日
夏柳野鷹のむしる鳥の羽  梅足
 足駄て山を通ふ関守  馬隠
連退と見えるもおかし親子連 貫環

 浮気な梅を植る木屋町  花足
中絶の基盤も出して春の雨  馬隠
 餅喰ふ所恥ぬ万歳  菊武
輪飾の釘に射的のあかり弦  梅足
 虫気の沙汰に馬鹿になる聟 貫環
移香の小袖をたゝむ雪の月
 鵯上戸はや色に出る

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・梅足・陸馬・菊武・馬隠・花足・貫環