松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2裏(2ウ)

画像を拡大する
鯊釣の逃した椀にたる入て  梅足
 二荒の御山誰もぬかつく  陸馬
雨の合歓人も昼寝のよい時分  花足
 しひれる肘の傍に細見 白日
立聞に来たは女房の味方にて  菊武
 矢師の火鉢に炭の洞穴  馬隠
蜂に似て香の人を追ふ蘭の花  花足

 日和定る月の此頃
船迄も生姜の匂ふ芝の伊勢 貫環
 怪我したわつぱ帯〆てやる  陸馬
造営のゝちは御釈迦も蔵に寝て  菊武
 千社詣にたゝぬ春の日  馬隠
花曇二日続て跡うらゝ
 蝶の吹るゝ風さへもなき

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・梅足・陸馬・菊武・馬隠・花足・貫環