松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3表(3オ)

画像を拡大する
浅草の不二も吉原遠からす 白日
 墨絵の母に彩色の嫁  梅足
よい株を持て牡丹にまいる釜  花足
 鰹に酔(食偏に卒)と言かねる下戸 貫環
男とも成て良雄か馳走ふり  菊武
 桜を掛て祝ふ本復 白日
新宅に古い自慢の内裏雛 貫環

 妾と関を越へて鶯  梅足
年明けの初の無心は熱海にて  菊武
 旭て屈/\髪結の膝  馬隠
馬市の胴煤ほとの土埃り  花足
 霧の隔の二の戸三の戸  陸馬
有明の残りなかるゝ佃流
 鳴たつ鵙にすくむ諸鳥

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・梅足・陸馬・菊武・馬隠・花足・貫環