松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3裏(3ウ)

画像を拡大する
禅寺に取つくろはぬ料理人 白日
 大赦の髭を包丁て剃る  花足
腰ための半弓三とせ習へとも  梅足
 朱鞘立派に馬書の講釈  馬隠
むししらぬ眼も品あり鶴の鷹 貫環
 代継を産て家中惣下座 白日
美しき裾に似のなき草虱  馬隠

 いて前渡り月の闇き夜
下手てなし蝋て射上も秋なれや 貫環
 巣鴨辺りは音も香もなし  菊武
鰒喰ひに行く日は雪の隠蓑  花足
 扉か邪魔な時行医の門  梅足
時節とて風防なから咲くや花
 陽炎中をひよいと若芦  陸馬

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・梅足・陸馬・菊武・馬隠・花足・貫環