松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2裏(2ウ)

画像を拡大する
?鷹の蹴て行野菊女郎花  芦風
 揆上城の地震に崩るゝ  牛如
仁阿の夫の罪ほろほしに支離迄  雲牙
 輿に見ゆる兎鹿毛の相  太路
方圓の器に餘る若旦那  杵十
 近くて遠い堤八町
細くても折れぬ揉の水仙花  芦風

 あたりも曠な隺の庖丁  杵十
縫上けの跡の可笑しきハ茶坊主  立葵
 念仏で沉むあつい長風呂  馬隠
山寺に普代のやうな杣も居て  杵十
 旅薬?貰ひの豆腐持て来  フ
月迄と花の筵に立惜しみ  フ
 しきりに蝶のふえる春色  フ

関連データ

作者(連衆)
馬隠・立葵・御(真田幸弘)・杵十・太路・雲牙・牛如・芦風