松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3表(3オ)

画像を拡大する
塀一重外て雉子鳴水屋尻  芦風
 男めきたる小娘の酌  立葵
直切らすに直に買切る初鰹  雲牙
 年賀も兼て?く別荘
炷火もふとく長者の蔵の内  立葵
 貞女か噂美女の空耳  馬隠
また産ぬ先から膝に抱て居る  杵十

 日向珎らし煤の大黒  太路
宝の戸に完示杣の皃出して
 安きを知て世を小脇差  芦風
岡釣の互に畚を覗き合  立葵
 数代うこかて碇か川鍛冶  馬隠
月の夜に成て始る辻角力  芦風
 恩地の堅田秋に出歩行  立葵

関連データ

作者(連衆)
太路・杵十・馬隠・御(真田幸弘)・雲牙・立葵・芦風