松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

名残表(ナオ)

画像を拡大する
初旅の見ると喰ふとの秋乾キ  「菊武
 雨の厠へ簑て行木曽  「梨東
筒鳥や煙草に息を懸る頃  「万年
 妻の名笑ふ古い細見  雲牙
目出度ととふも言はれぬ洗髪  斗涼
 寐藁程掃く瀬戸物の鄽  太路
美しう花咲包む宮柱  フ

 是も貢の軒の裏白  フ
御厩の礼帳様か初筆にて 「御
 神詫らしき告子のだし  「梨東
懸人待てハ甘露の口か出来  「斗涼
 石橋の幕明きに急用  「杵十
坐も枯て牽頭もいつかなま欠ひ  「馬隠
 薄茶切りにてやめる女房  「梅足

 

関連データ

作者(連衆)
菊武・梨東・万年・雲牙・斗涼・太路・菊貫(真田幸弘)・杵十・馬隠・梅足