松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3裏(3ウ)

画像を拡大する
一人子に突出し程の御忌支度
 飲ぬ計か底の聟かね  太路
見セる時あふひてハ出す団扇売  雲牙
 御宿申て送る大黒  菊武
侍の立派に留た放れ馬  花足
 ぶつかけ蕎麦に饔る黒鴨
門松の根〆に除夜の色見えて  菊武

 仕立小袖に破魔弓の箔  同
から鮭の腹の中から蝦夷の状  梅足
 恵方か丁度里の氏神  杵十
捨てやる犬を後綾瀬の戻舟  馬隠
 身請送りの揃ふ生酔  花足
風呂敷に包む鏡も雲の月  フ
 菊の主しの我も突く杖  太路

 

関連データ

作者(連衆)
太路・馬隠・杵十・梅足・花足・菊武・雲牙・菊貫(真田幸弘