松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

名残表(ナオ)

画像を拡大する
舟競ふ市兵衛かん木春長閑  牛如 
 大的の矢を薪ほと抱  太路 
弁當の飯喰ふ箸の鋤めいて 環川 
 別荘捜す腰に子午盤  梅足 
牡丹畑障子に虻のあたる音 白日 
 相をもいつか見しる面打  雲牙 
善悪を軽く七里か〓(刀+貝)負て行  笑口

 建場の娘江戸へ出たかる  牛如
鷹匠の言葉少なころしふり  花足
 大きな笈てセまい乗合  太路
桜かな二度の曠着や紅葉して 環川 
 月の設に訪ふも此宿
関取の目を見るちき♯大秤♯も一の紐  馬隠
 跡にしてくふ階子蕎麦切

関連データ

作者(連衆)
太路・環川・梅足・白日(真田幸弘)・雲牙・笑口・牛如・花足・馬隠