松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

裏(ウ)

画像を拡大する
野作りの菊に床敷菴の主  笑口
 夜覚に馴し肖柏か牛  花足
二聲は辷つた先て時鳥  杵十
 亡八か寮の急な茶の會  梅足
誉られて娵の出兼る料理舟  立葵
 今着く舩に河岸の人立  斗涼
釣道具持て築地へ薬取  馬隠

 八朔梅も覗く圓窓 白日
研立し鎌の焼刃も月の様
 牧士か門に秋の蚊柱  梨東
大勢の乳母に残らす名を呼て 環川
 北野といへと近い西山  雲牙
江口めく傾城連てふけん像♯普賢像桜♯  花足 
 春の薄着の派手な野羽織

関連データ

作者(連衆)
笑口・花足・杵十・梅足・立葵・斗涼・馬隠・白日(真田幸弘)・梨東・環川・雲牙