松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3表(3オ)

画像を拡大する
女郎屋の是も出口の削
 噂するやら痒い入墨  梅足
鷹狩の犬も割籠の仲間にて  花足
 掟ハあれと行抜の寺  立葵
漂着の舩に唐僧したり顔  太路
 額の疷か名に賣れる外科  斗涼
山櫻石切音も其あたり  梅足 

 鳥も巣を喰泰平の城  笑口
行烈を崩して勇む春の馬  杵十
 客をも繋く室の黒髪 白日 
煮こほるゝ貝焼是もひそるの火てるの歟 環川
 はつした飛車か袂から出る  梨東
雲やりに狂哥も一首昼の月
 鬼灯赤き尼か菴室  雲牙

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・梅足・花足・立葵・太路・斗涼・笑口・杵十・環川・梨東・雲牙