松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3裏(3ウ)

画像を拡大する
秋雨に地を這ふ蝶の物淋し  立葵 
 小首かたけて絹の匁引  馬隠
鉄漿の煑へる匂ひハ女ても 環川 
 肴に倦る薄雲か猫 白日 
皃貌へ来る幮も涼しく飛蛍  雲牙 
 闇もあやある瓢単の花  笑口 
二腰の浮世迯れて有馬山  梨東 

 名を付て置腹の初孫  斗涼
鍵提て何を取召かと振返り  牛如
 潮のたるゝ籠の活鯛  立葵 
江の嶋へ来て喰物にこまる僧  杵十 
 風の埃りに霞む夕月
植替た花に媚くきのふけふ
 よし原雀酒に囀る 白日 

関連データ

作者(連衆)
立葵・馬隠・環川・白日(真田幸弘)・雲牙・笑口・梨東・斗涼・牛如・杵十