松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

名残表(ナオ)

画像を拡大する
風流の余りふくるゝ頭陀帒(袋)  笑口
 あれも人の子雪の宿引  太路
雪隠へ狐の覗く裏関所  梨東
 取入た夜の錦木へ神酒  「斗涼
讀済し文のしほりに針さして  太路
 子の日衣に尻もちの跡  花足
梅匂ふ椽に香箱つくる猫 白日

 蜆の汁の椀にかさはる  笑口
猪牙の行く川も思へハ誘ふ水  「花足
 遠く遊ハぬ孝行な聟  太路
鷹の餌の口にいハれぬ匕加減  杵十
 亀有村に見當らぬ亀  「陸馬
朝風の吹なくしたる月の雲
 鉢に植おく蘭の勢ひ

関連データ

作者(連衆)
陸馬・杵十・白日(真田幸弘)・花足・斗涼・梨東・太路・笑口