松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2表(2オ)

画像を拡大する
四辻へ来てうろたへる放れ馬  斗涼 
 時雨〓?暮して貝をむく町  梅足
十手にて改らるゝ炭俵  馬隠
 ちろりて酒を運ふ小娘  笑口
三千の俤もあり牡丹畑 白日
 ルウフルて明く樓の窓 環川
剛の座の一ハ大きな支離也  梅足

 面白くないものハ幸若  陸馬
かし小袖垣根模様の萩に@も@寄添て?露注く  馬隠
 炷物@薫@すこし月の晴際
笑ふ顔膝にかゝえて泣祭  斗涼
 鳥の都も江戸の水上  花足
吸筒にありやなしやと出す茶碗 環川
 また頼もしく杖を忘るゝ  陸馬

関連データ

作者(連衆)
花足・陸馬・環川・白日(真田幸弘)・笑口・馬隠・梅足・斗涼