松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3裏(3ウ)

画像を拡大する
喰ヲふとハ更に思ハぬ雁の声  杵十
 理に委しいと見へぬ大徳  斗涼
琵琶の曲あじな所に面白み  太路
 背むしハ膝を嘗る居眠  万年
主シのない扇並へる端の寮  立葵
 仲居か酌の内半過たり  雲牙
転寐の袂の皺をなふらるゝ  太路

 とれからおろす髪置の下駄  馬隠
駕舁ハ二代目よりの出入にて  牛如
 孝誉らるゝ急な板行  立葵
見る為てなし風のため竹格子 環川
 娵を跨いていて焼餅の客  斗涼
黛の月にうつろふ花の露
 引鴨遊ふ中に浅妻

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・杵十・斗涼・太路・万年・立葵・雲牙・馬隠・牛如・環川