松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

名残表(ナオ)

画像を拡大する
陸尺の股をも潜る夕乙鳥  梅彦
 毛も摺れぬ面ラ金付た馬  梅足
伊勢参り皆緋織の合羽着て
 出現佛の裾に相良和布  斗涼
岡釣のきのふもけふも同じ顔  菊武
 堅い豆腐を自慢する鄙 環川
碁敵を討果せたる皐月雨  笑口

 破れ扇をひねる鬼王  梅足
喰過て揚屋の二階上り下り  太路
 明りを嫌ふ離魂病  雲牙
鉄鉢へ軒の雫の落る音  立葵
 嶋へ渡れハ名もしれぬ鳥  菊武
世の人に物思ハする月の頃
 女かちにて寄せ付ぬ秋 環川

関連データ

作者(連衆)
立葵・雲牙・太路・笑口・環川・斗涼・梅足・梅彦・白日(真田幸弘)・菊武