松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

裏(ウ)

画像を拡大する
裏冨士の裾に模様の葡萄棚  梅彦
 関所を越へて派手な娵入  太路
無造作に真ナ字交りの僧の文  雲牙
 見やうに依て暖な雪  立葵
おし出しの室とハさらに寒牡丹  斗涼
 子をふりつけて母の突袖  馬隠
二代目は潰さう端しか美男にて  牛如

 牽頭天晴拳の軍配
暮かゝる程蜻蛉の秋淋し  笑口
 はやさし昇る山の端の月
悋気なく風炉の名残の水遣ひ  梅足
 射込し矢から和睦調ふ  万年
散りかゝる花の梢を莟かち
 御手洗にまた多い引鴨  菊武

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・梅彦・太路・雲牙・立葵・斗涼・馬隠・牛如・笑口・梅足・万年・菊武