松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

名残表(ナオ)

画像を拡大する
大名の名を片言に小傾城  梅足
 眼鏡を懸て覗く笑画  太路
遠慮なく在番部屋の高噺  梅彦
 編大根に寂の来る江戸  笑口
菌船といへとも雪の朝朗 白日
 辻の勝手に迷子の母  馬隠
木樨の薫ハ庫裏を打抜て  立葵

 座禅の尻も秋の下冷  太路
能い細工欄間の皮に玉兎
 分て女筆幮の雁かね 環川
千金も一夜に夢の五十町  笑口
 抜身構ハす行違ふ梵論  雲牙
おそろしく穢多か清水の歯にしみて  斗涼
 利た辛子のやうな白雨  梅彦

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・梅足・太路・梅彦・笑口・馬隠・立葵・環川・雲牙・斗涼