松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

裏(ウ)

画像を拡大する
節の有る謡て燗かぬるく成  雲牙
 地を掻て居る供待の馬  立葵
卯の花に阿佛か窓の片明り 白日
 松魚盛りの海たくひなき  斗涼
賭にして見る傾城の旅姿  太路
 孝子器量をかへて取る娵  笑口
七転ひ八起きに丁度鄽開  梅彦

 刀捨れとまた剃らぬ髪 環川
かき餅を囲い/\て秋の雨  馬隠
 いかもの喰をやめて鹿聞  梅足
坊泊りうか/\月に夜を更し  万年
 八百屋の親父爰の碁敵  笑口
わりなくも所望に逢し花の枝
 高く舞行蝶の羽車

関連データ

作者(連衆)
雲牙・白日(真田幸弘)・立葵・斗涼・太路・笑口・梅彦・環川・馬隠・梅足・万年