松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3表(3オ)

画像を拡大する
木端も交りて土佐の潮干狩 白日
 旅に古りたる曾良か仮骨棚  笑口
昼寐するやうな鳥也時鳥  梅足
 牡丹に廿日頼む門番  馬隠
組屋敷裏はさなから田舎体  梅彦
 酔ふた局に頼む御出入  立葵
天人の桜に歩行む仲の町  太路

 兀た天窓にまつ光る風  万年
入唐の沙汰もいつしか春暮て  斗涼
 とふか漬ても見たい覇王樹  梅足
二代まで絵図て後住へ譲らるゝ  笑口
 若衆盛りも対な脇鷹 白日
朝またき袖の移香残る月
 浮世も捨す琵琶の弟子入  万年

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・笑口・梅足・馬隠・梅彦・立葵・太路・万年・斗涼