松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3裏(3ウ)

画像を拡大する
隠居同士久しい物の年喧嘩 環川
 二日かゝつて一目の勝  雲牙
鮎唄や四ッ谷の淀も夜深きに  梅足
 むすと団扇へ乗らぬけら/\  馬隠
すねた子の武悪の面に泣き止て  立葵
 箸か転けても笑ふ腰元  太路
錠口の外迄ハ来る雪の河豚  梅彦

 拭捨て有る雑巾の岩  万年
飼殺し親の昔を物かたり  馬隠
 御恩の厚き楽な左遷 環川
懇意つく貸たる金の武蔵鐙  雲牙
 問ハぬもつらし朧夜の影
きのふけふ央を過し花の沙汰
 襦半の襟に夏近き汗

関連データ

作者(連衆)
環川・雲牙・梅足・馬隠・立葵・太路・梅彦・万年