松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

裏(ウ)

画像を拡大する
汐の来る内鮎釣の蟹堀て 白日
 けふは手にとる斗馬耳峯  梅足
赤合羽着て干旅の皐月晴  杵十
 汲人か/\茶も益気湯  太路
日数有女房も京の仮住居  笑口
 参らせ候と見ゆる寐姿  馬隠
そよ吹は木犀の香のしきり也  斗涼

 もふそろ/\と月の能ひ頃
松坂や抱子も膝に踊らセて 白日
 くわらり懺悔に興さめた尼  杵十
恥かしや苦界の癖の包めとも  梅足
 本の名てやる古郷の文  笑口
心なの村雨の花の散かゝり
 青きを踏て朝またき頃

関連データ

作者(連衆)
斗涼・馬隠・笑口・太路・杵十・梅足・白日(真田幸弘