松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2表(2オ)

画像を拡大する
翦鷹の鈴にぬす立雉子の声  太路
 人も笠木を越る三めくり  馬隠
樽次か樽を枕に雪見船  斗涼
 腹なりも実鰒喰た腹  杵十
最ふ袖にかくし兼たる岩田帯  笑口
 旭に覚る連退の夢  梅足
若餅の拍子麗に梅の宿  太路

 春へ生れたやうな凱陣 白日
筵帆の霞に消ゆる鴻の臺  馬隠
 貢も鼠の荒そふな寺  笑口
大怪我の跡めちやくちやな杣の顔  杵十
 峯を隔て木曽の恋聟  太路
鉄漿の出そこなふたる月の宵
 実中秋と見ゆる空色  フ

関連データ

作者(連衆)
斗涼・杵十・笑口・太路・梅足・白日(真田幸弘)・馬隠