松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

裏(ウ)

画像を拡大する
菊作り懸て碁敵ごさんなれ 白日
 江戸の広さを思ふ青山  梅足
小脇差合羽の内に愚智ついて 環川
 河豚提げて来る雪の一すし  梅彦
孝行に娵は年より更て見え  斗涼
 燈火しんと閨に琴の音  笑口
浦?廓 ? 秋の風 (見えず)  雲牙

 夕月遥落る松枝
気の揉たこの屋根舟て釣た鯊 白日
 惚たと脇へ見せぬ面付き  梅足
傾城の嘸は勤の実にて  笑口
 けふハ酔ぬといふかくせ事  雲牙
袂から襦袢を脱し花の山
 春を誉々京を誉々 環川

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・梅足・環川・梅彦・斗涼・笑口・雲牙