松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2裏(2ウ)

画像を拡大する
子福者の秋に追るゝ濯き物 環川
 木地から知た醫師を仲人 白日
願ほときかけて見合の神供  笑口
 藍瓶めきし十六の井戸  梅彦
酢のかゝる梅に水乞ふ鳥の聲  梅足
 舞楽に雨のおしけなく降  雲牙
中堂を?ひ?ふすり火打 環川

 勤揚りの草履苦にする  斗涼
恥合ふて寒いと言ぬ月の貌
 無利な御所望琵琶で長唄  梅足
居なからに網引の身ゆる浜屋敷  斗涼
 むさんや下戸は小共あしらい
そこか花笑上手の逢度に
 東風さら/\と渡る懸注連

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・環川・笑口・梅彦・梅足・雲牙・斗涼