松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3裏(3ウ)

画像を拡大する
逢ぬ恋なをいやましの秋の暮  梅彦
 兜を着セてあたら前髪  斗涼
何おしへても甚六ハ糠に釘 白日
 鼠飛出す朝の御持佛  笑口
宕井家の坐敷も狭き余郎晒  雲牙
 気の毒な程悋気セぬ妻  梅足
身の果の手鍋さけるもまた苦界 白日

 所からとてはやき月代
桜にも来よと菊見の暇乞 環川
 煎酒をして待鱸釣  梅彦
世話多い日は姑の機嫌能サ  斗涼
 米の文字も若い墨色  笑口
花の香も悦ふ門に来る時
 折々曇る春の空くセ

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・梅彦・斗涼・笑口・雲牙・梅足・環川