松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

名残裏(ナウ)

画像を拡大する
薄雲を子に持親の鳶か鷹 白日
 現世未来も弥陀の仲人  立葵
正直も事に寄るへし金嫌ひ 環川
 琵琶の袋に一座眼覚す  斗涼
厳島浪に燈籠の影浮て  笑口
 千鳥聞んと夜の居酒屋  梅足
二上りに舞子はカセを懸て拳ン  菊武

 悋気の出端に〆直す帯  笑口
翦鞠に花野を荒す下屋敷  立葵
 枝折明れハ顔を打虫  菊武
よい程に湿りも有て月夕
 泥鮫洗ひ上ケて突出し 環川
嬲られて海棠眠足らぬ顔  太路
 空の色から春は格別

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・立葵・環川・斗涼・笑口・梅足・菊武・太路