松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

裏(ウ)

画像を拡大する
菌取りも春新しい布子着て  梅足
 二代高尾ハ廓の氏神 白日
見脈の媒当て出入株  笑口
 雪て柔和になりし柊  立葵
煤掃て殊更寺のたゝ廣し  斗涼
 慥に見たる妖怪の沙汰  梅足
? か女に稀な愚智嫌ひ 環川

 あたら桜か丁度臨月 白日
殊更に須磨の御祓の日和にて  立葵
 東風そよ/\と張切た駒  万年
金借りに恥をかく使者しほ/\と 環川
 梵字のやうな新造の文  梅足
囁の罔両うつる月明り
 空の様子も央たつ秋

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・梅足・笑口・立葵・斗涼・環川・万年