松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

裏(ウ)

画像を拡大する
案の外鬼の念佛美女に角  太路
 止めて見たれハ凄い傾城  斗涼
初松魚生酔又も活かへる  笑口
 下手でも道具舟の三弦 環川
高慢な男覗けハ白髪にて  梅足
 今に無名も残る祢宜町  菊武
醫師かけぬ斗に奈良の孕鹿 白日

 桜の雪に鈴を振る鷹  太路
餅草や三ト坪の売屋敷  菊武
 けふ放し飼禿一群 環川
瀧浴た手に濡て居縁結  立葵
 墨画の寺に彩色の鴛  斗涼
夕暮れの月に氷れる鐘の声
 はしる障子をそつと明立

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・太路・斗涼・笑口・環川・梅足・菊武・立葵