松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

名残表(ナオ)

画像を拡大する
飛神に野渡の舟頭同??息  笑口
 ひらに一チ夜と頼む客僧  太路
蒟蒻にすこし庖丁きいたふり  馬隠
 八朔梅のこつそりと咲 環川
芦を萩姉若といふも所から 白日
 池水にうつる月の黛
常楽の宴なすとかや茶碗酒  太路

 能ひ実を持と桃に粥杖 白日
ひよふきんな調度も春の道具にて 環川
 伊勢縞着たる対の鳥追  梅足
振袖の洩れてゆかしき鴦かこ  梅彦
 鯉て滝呑する太郎茶や  太路
世を捨てた者とハ見えぬ唄念仏  馬隠
 誉たる雪の今朝の冷たさ  笑口

関連データ

作者(連衆)
梅彦・梅足・環川・馬隠・太路・笑口・白日(真田幸弘