松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

裏(ウ)

画像を拡大する
ふふハりと石楠へ掛けて潅キ物 環川
 御身いかなる謂れ新尼 白日
昼からハ台所しんと陀阿の宿  梅彦
 取粉のやうな餅搗の雪  梅足
最ふそこへ春か来ますと節季候  笑口
 聟の迎ひに竹の都路 環川
所から手織木綿も恋ころも  馬隠

 新酒を提て庵へ鹿聞  太路
書さしもたる反古月形の窓の環  フ
 夕部の秋をしらぬ子福者 白日
取沙汰に一村動く采女下り  笑口
 染木を余所に憎き細帯  梅彦
千代を歴て栄やる松を郷の花
 八重とかきらて霞空合

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・環川・梅彦・梅足・笑口・馬隠・太路