松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

名残表(ナオ)

画像を拡大する
木更津の船に箱入雛夫婦 白日
 たハれた形を醒てからいふ  立葵
歌鞠茶に七福神の寮の客  梅足
 しり/\と大雪になる  陸馬
呼継の濱に鵆か友呼う  立葵
 大根自慢て打かゝる蕎麦 環川
指南車の思ふえくほを又はつれ 白日

 根引の沙汰も子の日以来  斗涼
さて先舅かするも門?忌詣  梅彦
 寒けたつを待て釣好 環川
菌取のはつと覗きし宗佐垣  斗涼
 また露揃て蕣か咲  立葵
杉を洩桧を洩て残る月  フ
 合点して居て雁に驚く  フ

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・立葵・梅足・陸馬・環川・斗涼・梅彦