松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

裏(ウ)

画像を拡大する
子宝ハ表屋に置て濱屋敷 環川
 俗な噺の多い活僧  斗涼
蜀魂薪賃の行燈ミな消へて  梅足
 木櫛さしても大夫気くらゐ 白日
化粧する障子覗て品定  立葵
 某の棗出しておく朝  陸馬
鸞ひとつ有やなしやの雪の隅田 白日

 武者?  (見えず) 環川
三日月のかたへに少しちきれ雲  フ
 鹿と乞食のくらしよい奈良  梅彦
大勢の中にひとりは袷着て  立葵
 病後をしかり/\川端 環川
花並木綰し火縄捨て在  フ
 片手に土筆騎射の矢拾ひ 白日

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・環川・斗涼・梅足・立葵・陸馬・梅彦