松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2裏(2ウ)

画像を拡大する
賑やかな中に木辻の鹿の声  梅彦
 折/\笑皃独読む文  梅足
片言に僕かいけんの殊勝さよ  馬隠
 命知らすか木登の妙  貫環
木曽の奥筒鳥の声斧の音 白日
 四戒たもてど庵に陶  梅彦
僧正の年に似合ぬ緋の衣  笑口

 つまんて噺す母の言伝  馬隠
町らしい内儀の供に相撲取  梅足
 月に難面し立隠す雲
茸狩の餘興を袖に一ツ物  太路
 巴と成て火縄きへたり 貫環
花の春とハ申せとも春は花
 注連にさら/\風心よし

関連データ

作者(連衆)
太路・笑口・貫環・馬隠・梅足・梅彦・白日(真田幸弘