松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

名残裏(ナウ)、句上

画像を拡大する
青山の秋ハ山路の仙家とも 「白日
 千社参りの寺内うそ/\   馬隠
骨自慢肩て風切る扇子売  「斗凉
 鶏も驚く土佐が絵の砂  「太路
小坊主ハきへ行様な大書院  「馬隠
 居なから目出る蓬莱の春  「太路
粘こわき長上下の音の花
 ぬるむ渚に打群れる亀

貞江 白日公  73
梅足   61
斗涼   55
山夕 太路   61
馬隠   53
白日公  49
堤亭 太路   94
笑口   56
梅足   54

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・馬隠・斗凉・太路
点者
貞江・山夕・堤亭