松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2表(2オ)

画像を拡大する
主従も別る金谷の雨論  笑口
 馬より牛を望む絵行脚  馬隠
こし方を語れハいつか膝と膝 白日
 借家に居ても一筋の鑓  笑口
寒鴨のむしらるゝ身も重喰ひ  太路
 冬至の梅に咲たハと顔  斗凉
喪に籠る内は乏敷日の光り  梅足

 木地を見せたる湯上りの艶  梅彦
蘭奢をも塵垢そこか高雄なり 白日
 鬼も和らく千歌廿巻  馬隠
黄昏に夕顔のやと立惜ミ  斗凉
 五右衛門風呂に這入る身搆ひ  梅足
漸寒く成るを相図に月の頃  フ
 蜻蛉も秋色を見せたり  フ

関連データ

作者(連衆)
梅彦・梅足・斗凉・太路・馬隠・笑口・白日(真田幸弘