松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2裏(2ウ)

画像を拡大する
菓に神田をさして甲斐の駒  梅彦
 生た薬師と沙汰の徳本  太路
子供まて名染の早い率頭持  笑口
 番ひ鴛鴦別荘の舟 白日
思白く霙ころげる檜の木笠  馬隠
 日光下りてげそとへる腹  斗凉
軽/\と物問玉ふ奉幣使  梅笠

 合歓に眠気を添ゆる鮓売  梅彦
片田舎廻らぬ金を糸車  太路
 孝女の門に朽る錦木  笑口
投出して寝て物凄き洗髪  梅足
 夜もしん/\と歯ぎしりの音  馬隠
案内の花の手紙を月明り  フ
 三ツ四ツ二ツ殖へる蝶々  フ

関連データ

作者(連衆)
梅足・梅笠・斗凉・馬隠・笑口・太路・梅彦・白日(真田幸弘