松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3表(3オ)

画像を拡大する
天神を連て北野の春長閑 白日
 大午の蓋酒の別れし  笑口
雪沓に琥珀の帯を下る音  梅足
 牡丹ハいぢれ咲の臘八  斗凉
嚔に我と驚く大伽藍  梅彦
 見て見ぬふりて見合する嫁  大路
暑き日も女扇の半開き  馬隠

 雲まて山を作る祇園会  白日
一筋は道も開らけて物狂ひ  笑口
 桜に白き捨物の札  梅足
情なく莖引敷く騎射の供  斗凉
 風巾揚て居ル里扶持の宿  馬隠
片寄せる埃溜桶の跡も月
 石濡れ/\と霧の晴際  フ

関連データ

作者(連衆)
馬隠・大路・梅彦・斗凉・梅足・笑口・白日(真田幸弘