松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3裏(3ウ)

画像を拡大する
八景を腮てかそへて江鮒釣 白日
 浮世の灘に浅妻の舟  太路
連退の梵論乏しく摺違ひ  斗凉
 俗家のやうに寺も昼時  笑口
筒鳥やいまた木曽路の花茄子  梅足
 おのれか糞に辷る犢  梅彦
初鮭の太々講に引足らす  大路

 桐油も染る松坂の秋 白日
雲きれを覗きかゝりし昼の月  フ
 競ひも際て通す菌擔桶  梅彦
向島堀へ逃さぬ繋き鯉  馬隠
 恋の闇路に光る傾城  笑口
花の香の風に引れてこゝらまて  フ
 郎徒しやきはつて能を見果す  梅彦

解説

菌擔桶=たごおけ 菌担桶 肥え桶

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・太路・斗凉・笑口・梅足・梅彦・大路・馬隠