松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

名残表(ナオ)

画像を拡大する
伴頭ハとふ/\聟に成すまし  牛如
 悋気と見せす猪牙を案しる 白日
行灯の塵も動く小夜嵐  万年
 砂摺鰹幮釣て待 貫環
柄杓井の水を手伝ふ若旦那  立葵
 峠の宿の浅い居風呂  牛如
醴に時雨を暫しやり過し  「笑口

 七里に惜しき千里行虎  「太路
手を櫛に鬚撫付る水鏡  万年
 苦界のうへの苦界連退 白日
初秋の草ハ仏へまつ引ケて  牛如
 露うち絞る徹書記か袖  万年
ちら/\と月にかゝりしこけら雲
 又も新酒に賑かな浜  菊武

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・牛如・万年・貫環・立葵・笑口・太路・菊武