松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2裏(2ウ)

画像を拡大する
画のやうな花の野末に穢多か宿  太路
 山家住居も百薬の長  笑口
あしむらの鳥に行脚の彳て  立葵
 高尾の宮へ文て願懸 貫環
盗人に鎰貸てやる伽羅箪笥  万年
 葉桜に来る左遷の友  太路
筒鳥や淋しき寺に鞠の音  菊武

 魚我侭に禁断の川  笑口
陵を乗打すれハ刎られて  立葵
 年経る松に天狗住む沙汰  菊武
回国の噺に真柴焚尽し  牛如
 朧/\と引窓の月
花溜に手折た侭の花一枝
 簾の間をくゝる糸ゆふ

関連データ

作者(連衆)
牛如・菊武・万年・貫環・立葵・笑口・太路