松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3表(3オ)

画像を拡大する
けに春といハん太夫の歩行振 貫環
 愧たか初幕酒の気違 白日
三人と寄れハ文殊の無分別  笑口
 師走しらすの梅活て居  牛如
蕎麦こねる時雪沓の音有て  太路
 家内いたハる荷摺した馬  立葵
遷宮に引張足らぬ貸蒲団  牛如

 鞘の探りに銀の三日月
汐先の網に古椀苧殻箸 白日
 通し矢射たる腕に妻の名  菊武
隠居所の派手も流石に若隠居 貫環
 夜部降る雨に桜満たり  牛如
鞆の音をしるへに戻る春の鷹  太路
 汲むや霞を升の隅から  万年

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・貫環・笑口・牛如・太路・立葵・菊武・万年